前へ
次へ

ハローワークを活用するときにできることとは

今よりも、ハローワークはかなり多くの求人情報を提供できる場所として知られるようになってきました。

more

ハローワークを利用して就職活動するために

いろいろなやり方で就職活動を展開できるような時代になってきましたが、やはりその中でも基本となるのがハ

more

ハローワークを有効活用する意義は

今の時代は、ハローワークをしっかりと有効活用することによって、いろいろな職場の求人情報をピックアップ

more

ハローワークの求職者支援制度を使う

ある日突然に会社を退職させられるような場合に、とても助けになる政府の機関があります。
それは政府の出先機関であるハローワークです。
そこには求職者支援制度というものが存在します。
それは、いまだ仕事の技術を持っていないような人たちに対して、無料で職業訓練をしてくれるという、とてもありがたい仕組みです。
会社を突然辞めさせられても、手に職があれば、次の職業を見つけるのは簡単でしょう。
ですがそれがない人たちとっては、まず職業訓練所で訓練を受けることから就活が始まります。
ハローワークで求職者支援制度を受けるためには様々な条件があります。
これらの全ての条件をクリアしないと求職者支援制度を受けることができません。
一体どのような制限があるのでしょうか。
まずは個人の世帯収入が一定の水準以下であるということです。
平たい言葉で言えば、収入が平均以下であるということでしょう。
それから居住地以外に不動産資産が無いことが条件となっています。
例えば海外などに不動産資産を持っていれば、それでアウトということになります。

問診票データ 入力

クレジットカード決済 導入

Webなど各媒体と連携した広告展開も行います
メッセージをより効果的に伝えることができるようトータルでのデザインプランの提案もしています。

事前のヒアリングで企業の魅力を再確認します
事前に行うヒアリングにて、企業の持つ良さや魅力を抽出し、それらを反映した会社案内を制作します。

自社の商品の魅力を分かりやすく伝えるツール
WHARFはお客様や消費者に分かりやすくサービスや商品の良さが伝わるカタログを作っています。

もう一つ求職者支援制度を利用して職業訓練を受けるために必要な条件があります。
それは雇用保険の受給資格がないことです。
雇用保険の受給資格がある場合は、求職者支援制度を使った職業訓練を受けることができません。
この点は、よく見落とされがちなので注意が肝要です。
求職者支援制度とは簡単に言えば、政府の機関が提供する職業訓練です。
就職に有利になるような技能や資格を取得することで、次の就職先を見つけることが容易になります。
求職者支援制度を使って職業訓練を受ける際に大切なポイントがあります。
それはハローワークの職業訓練を受ける場所は、そこではないということです。
政府が提携する職業訓練校で、それを受けることになりますので、若干の注意が必要です。
実際の職業訓練については、自分の職歴や適性に合わせて、自分が本当に必要とするような職業訓練を受けるということになります。

Page Top